小児アレルギー科

当院の小児アレルギー科の特徴

当院の小児アレルギー科の特徴

最近では、アレルギーの疑いのあるお子様に対し、学校や保育園、幼稚園などから検査をするように言われて受診される方が増えています。
しかし、当院で検査を行うのは、保護者の方が希望した場合、もしくは院長が必要と判断した場合のみに限っております。

検査は多少の痛みを伴うものですが、痛い思いをしなければならないのはお子様本人です。

アナフィラキシーショックを起こす可能性がある場合、もしくは実際に起こした場合は別ですが、基本的に全身状態が良好であれば、お子様に痛い思いをさせてまで検査をする必要はないと当院は考えております。

こんな症状ありませんか?

  • 目をかゆがる・目が赤い・目やにが出ている
  • くしゃみ・鼻水・鼻づまりが見られる
  • 皮膚にブツブツがある
  • ヒューヒュー、ゼーゼーしている

など

考えられる病名

アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎

アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎には、季節性のものと通年性のものがあります。
季節性のものは特定の季節のみに症状が現れるもので、花粉が代表的なアレルゲンとなります。
通年性のものは一年を通して症状が現れるもので、ペットの毛やハウスダストなどが代表的なアレルゲンです。

アレルギー性皮膚炎

特定のものを食べたり、特定のものに触れたりすることで、じんましんや接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎などの症状が出るものです。
アレルゲンはさまざまなものが考えられるため、特定するのが難しいケースも少なくありません。

気管支喘息

もともとアレルギー体質を持っている場合に、ダニやハウスダストなどのアレルゲンを吸い込むことで気管支が細くなり、呼吸が苦しくなる病気です。
夜間や朝方にヒューヒュー、ゼーゼーする発作を起こしやすい傾向があります。

検査方法

検査方法

主に血液検査や呼吸器検査を行います。
食物アレルギーの検査は血液検査を実施しております。

治療法

治療法

積極的な治療をすることはあまりありません。

皮膚に塗る軟膏の塗り方や吸引の仕方、鼻水の吸い方などを、保護者の方の目の前で実演しながら指導させていただきます。

院長からのメッセージ

アレルギーは、特に保護者の方のフォローやケアがとても大切です。

アレルギーと上手に付き合っていけば、お子様の症状も軽くなります。 当院では、自然治癒ができるように環境を変える方法や、症状に対する親のアプローチ方法などを丁寧に説明させていただきます。

pageTop